ページの先頭です
メニューの終端です。

オンラインデータベース

[2020年1月19日]

ID:48

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

松本市中央図書館では、下記のデータベースを閲覧することができます。ぜひご利用ください。


利用できるデータベース

データベース一覧
データベース名データベースの特色
信濃毎日新聞データベース
(信濃毎日新聞)
創刊号からの紙面ほぼ全量を収録しています。
キーワード、掲載日検索に加えて、1995年7月1日付紙面からは、キーワード検索も可能です。
聞蔵2ビジュアル
(朝日新聞データベース)

(朝日新聞社)

1985年以降の新聞記事と昭和の戦後以降の縮刷版の検索・紙面表示「AERA」、2000年4月以降の「週刊朝日」ニュース面及び知恵蔵(現代用語辞典)の検索が可能です。
オプションコンテンツは、「全国の地域面」のみご利用いただけます。

官報情報検索サービス
(独立行政法人国立印刷局)
昭和22年5月3日・日本国憲法施行日以降~当日発行分までの官報が検索できます。
昭和22年5月3日より前の官報については国立国会図書館デジタルコレクション(別ウインドウで開く)をご覧ください。
D1-Law.com
(第一法規)
第一法規が提供する法情報の総合データベースです。
このうち現行法規[履歴検索]と判例体系と法律判例文献情報がご利用いただけます。
ジャパンナレッジLib
(ネットアドバンス)
60種類以上の辞事典・雑誌記事などを一括で検索できるデータベースです。
国立国会図書館デジタルコレクション

これまで国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手困難な資料を閲覧できます。
利用について、詳しくは利用についての案内ページをご覧ください。

利用方法

中央図書館2階のインターネット席でご利用いただけます。窓口でお申込みください。

1回の利用時間は30分です。次にお待ちの方がいない場合は30分ずつ継続できます。

利用は無料です。印刷は1枚10円(白黒、A3まで)です。各データベースの規約や著作権法等により、複写できる範囲や枚数に制限があります。